学びのプロセス

 

 

アピオンレゴスクールでは4つの C からなる学びのプロセスをサポート

 

結びつける Connect

子ども達が最もよく学ぶことができるのは、新しい経験とすでに持っている知識とを関連付けることができたとき、あるいは、たまらなく魅力的なアイデアに出会って、もっとよく知りたいという衝動に駆られたときです。この事実こそが“作ることで、学ぶ”ということの重要なポイントの一つなのです。これが、いわゆる“結びつける”段階となります。

組み立てる Construct

“組み立てる”段階とは、現実の世界の中にある物を組み立て、頭の中で知識をつなぎ合わせる作業すべてを指します。子どもたちは与えられた問題を解くため、計画を立て、解決策を組み立てていきます。

よく考える Contemplate

効果的な学びのプロセスにおいて重要なステップとなるのが“よく考える”段階です。この段階には、生徒たちが自分の見たものや、組み立てたものをじっくり考え、経験したことへの理解を深めるという作業が含まれます。子どもたちはプロジェクトについて話し合い、自分たちの考えを検討し変更を加え、教師は質問を投げかけることでこのプロセスを促します。

続ける Continue

 “続ける”段階は、もっと知りたいと願う自然な衝動に基づくものです。もっと知ろうとする気持ちは生徒たちを新たな“結びつける”段階へと導き、こうして生徒たちは積極的結びのサイクルへと足を踏み入れ、どんどん難しくなっていく問題を克服できるようになるのです。

PAGE TOP